容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

照明の特集について

  1. 2011/09/08(木) 09:08:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
照明より面白い情報があるなら教えて欲しいものです。こんにちは照明マスターです☆

202.121.80.106のユーザー[fd4h564g]
www.fytgw.cnのユーザー[dsfg4561]


Q海水魚水槽についての質問です。底のサンゴ砂に、緑と茶色の藻が大量発生してしまいました。取り除いても、取り除いても発生してきます。今では、水槽の底を緑の藻が生い茂っています。どうすればいいですか?水槽の大きさは、60×45×45(cm)です。照明は、150Wのメタハラと30Wの蛍光灯を使用しています。中に入れているものは、カクレクマノミが2匹、センジュイソギンチャクが1匹、シライトイソギンチャクが1匹、スカンクシュリンプが2匹、ホワイトソックスが1匹、シッタカ貝が3匹、ヤドカリが3匹、20cmくらいのライブロックが2個、ウミブドウが少量、入っています。ろ過システムはオーバーフローシステムを使用しています。水温は、25℃で設定しています。水流は、60cm規格水槽用の水流ポンプを使用しています。サンゴ砂は、Mサイズを使用し、2cmほど底に敷いてあります。海水は、人工海水を使用し、毎週、水を40リットル交換しています。エサは、朝に1回だけです。カクレクマノミには、海水魚用エサのフレークを、イソギンチャクやエビには、釣りエサ屋で買った冷凍オキアミをあげています。比重は、1.023です。殺菌筒は、1個使用しています。プロテインスキマーは、60cm規格水槽用のを使用しています。コケの発生を抑制するリン酸塩・ケイ酸塩強力吸着剤というものを使用しているのですが、全く効果がありません。よろしくお願いします。
A同じ60cm水槽ですが、やはり底の苔に悩まされていました。そこで、マガキ貝を2匹投入したところ、綺麗になくなりました!生物兵器、かなり強力です。お試し下さい。人的な対策としては、メタハラの照射時間を短くしてみる等、イソギンとのバランスを見ながら調整してみて下さい。あるいはウミブドウ等、海藻を増やして養分をそっちに吸収させるか、ですね。何度もすみません。綺麗になるといいですね。参考になれば幸いです。
Webサービス by Yahoo! JAPAN

事例で学ぶiPhone/iPad活用術 24 遠藤照明がDO!BOOKを利用し、iPadを販促ツールで活用 - マイコミジャーナル

マイコミジャーナル

事例で学ぶiPhone/iPad活用術 24 遠藤照明がDO!BOOKを利用し、iPadを販促ツールで活用
マイコミジャーナル
遠藤照明の遠藤良三社長は、顧客に対してさらに効率良く質の高い提案ができるようにiPadの導入に踏み切った。見やすい大画面とタッチパネルは、照明という商品のプレゼンテーションをするうえで大きな可能性を秘めていると判断したからだ。ただ、当初、大手家電メーカーと ...



LEDライト設置で悩んでいます
飼育は海水魚の魚のみ、現在の照明は天井取り付け型のメタハラ 今回照明が寿命でLEDライトに交換を考えています 水槽から天井まで1メートル程度ありますのでコンセントのレー...


MHP3rd 「クローズ・鈴蘭最強への照明」 1/3




DTIブログって?